日本海の呼称について韓国が「東海」の併記を求めている問題が、ロンドンで9日に行われた海域の呼称に関する国際水路機関(IHO)の非公式協議で議題になっていたことが分かった。

日本外務省の担当者が出席し「日本海が国際的に確立した唯一の呼称」として日本の立場を表明した。韓国や北朝鮮の担当者も参加した。日本政府関係者や韓国外務省が11日、明らかにした。

韓国外務省当局者によると「日本海だけの表記は受け入れられない」という点で南北は一致しているという。

菅義偉官房長官は記者会見で「協議は非公開を原則としたもので、内容に関するコメントは差し控える。わが国は、責任あるメンバーとして議論に建設的に貢献をしていきたい」と述べた。

IHOは海域などの国際的呼称の指針を定める機関。2020年の次回総会に向け、日本海の呼称問題について関係国で非公式協議を実施するよう促していた。(共同)