1月に埼玉県新座市のコンビニのトイレで女児を出産し、そのまま便器内に放置したとして、県警は15日、殺人未遂容疑で東京都昭島市、無職森泉優里愛容疑者(24)を逮捕した。女児は低体温状態で病院に搬送されたが、命に別条はない。

捜査関係者によると、森泉容疑者は1月24日午後、新座市のコンビニのトイレに、出産したばかりの女児を放置した疑いが持たれている。

女児は裸で、ふたの閉まった便器内に置かれていたことから、県警は森泉容疑者に「女児が死んでも構わない」という「未必の故意」があったと判断した。コンビニの店長が110番した。

森泉容疑者は家族が運転する車で移動中に腹痛を訴えてコンビニに立ち寄り、数十分間トイレに入っていた。家族は妊娠に気付いていなかったが、帰宅後、車の座席に血が付いていたことなどから森泉容疑者を病院に連れて行き、出産が判明。病院が警察に相談した。(共同)