自民党の吉田博美参院幹事長(69=長野選挙区、当選3回)は、改選を迎える夏の参院選に立候補しない意向を固めた。比例代表での出馬の可否を検討していたが、脚を痛めており、検査結果を踏まえ議員活動は続けられないと判断。参院議員を引退する。23日にも正式表明する。関係者が22日、明らかにした。

吉田氏は昨年10月、長野選挙区の改選数が2から1へ減る状況も考慮し、選挙区からの不出馬を表明した。ただ、党内参院側を束ねる実力者として、比例への立候補を求める声が多く寄せられた。昨年秋ごろから脚の具合が徐々に悪化。今年3月から車いすを使うようになり、結論を引き延ばしてきた。

一方、「忖度(そんたく)」発言で更迭された塚田一郎元国土交通副大臣に昨年12月、安倍晋三首相らの地元、下関北九州道路の整備を要求。野党は批判を強めている。

吉田氏は、金丸信元自民党副総裁の秘書や長野県議を経て2001年の参院選で初当選。平成研究会(竹下派)に所属し、「参院のドン」と呼ばれた青木幹雄元参院議員会長の右腕として党参院側を取り仕切ってきた。参院国対委員長を経て、16年から参院幹事長を務める。首相と同じ山口県出身で、首相の信頼も厚い。

平成研参院側を率い、昨年は額賀福志郎氏に会長交代を迫り、竹下派への代替わりを推し進めた。首相が連続3選された党総裁選では青木氏の意向をくみ、首相と争った石破茂元幹事長支持に回り、同派参院側の大半をまとめた。(共同)