元貴乃花親方(元横綱)の貴乃花光司氏(46)は10日、一般社団法人「貴乃花道場」の設立を、所属事務所のホームページで発表した。「我が国の国技である相撲道に由来する伝統文化の核心を具現化して学び、経験することにより『健全な身体・人間味ある豊かな心・逞しく生き抜く精神力』をもつ青少年を育成すること」を目的の1つに掲げ、かねて希望を語っていた青少年の育成に向けた第1歩となりそうだ。

19日には、都内で「貴乃花御縁会」と題したパーティーを開催後、会見し、新たな活動について語る見通し。パーティーの発起人には、遠藤利明元五輪相や小渕優子元経産相ら、自民党の有力議員がズラリ。今夏の参院選に自民党から出馬するのではないかとの臆測が再燃しているが、新たな活動方針が固まり、政界転身の可能性は低くなったとみられる。同党関係者によると、党内には待望論の半面、同氏の擁立論には慎重な声も多かったという。