米ニューヨークの裁判所は10日までに、富裕な遺産相続人をかたって銀行から金を引き出し、現地でセレブ生活を送って窃盗罪に問われたドイツ人の女、アナ・ゾロキン被告(28)に禁錮12~4年の判決を言い渡した。浪費の一方、高級ホテルやプライベートジェット機の料金を支払わないなど大胆な行動も取っていた。欧米メディアが伝えた。

判決は9日付。同被告は審理に高価な服で現れたことでも注目を浴び、米国では人生をドラマ化する動きが出ている。検察は被告が2016年から逮捕された17年まで、周囲から計27万5000ドル(約3000万円)を盗んだと指摘。裁判所は約20万ドルの弁済なども命じた。

報道によると、ゾロキン被告は6700万ドルの財産を持つアナ・デルビーと名乗っていた。外交官や石油王の娘などとも偽り、自信にあふれた振る舞いでニューヨークの富裕層に知己を広げた。

偽造書類やうそを駆使し、銀行から借りた10万ドルを返さなかったほか、高級ホテルのスイートルームに連泊して支払いを求められそうになると逃走。知人を誘ってプライベートジェット機で行ったモロッコ旅行も費用を肩代わりさせていた。裁判所は判決時「被告の行為の深刻さに驚くばかりだ」と述べた。

ゾロキン被告はロシア生まれで、10代で家族とドイツに移住した。父親は元トラック運転手で、現在は住宅設備関連の会社を営んでいるという。(共同)