カラオケ店のトイレで20代の女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁成城署は15日までに、強制わいせつと監禁の疑いで、神奈川県伊勢原市の積水ハウス元社員永江悠樹容疑者(28)を逮捕した。同社によると、永江容疑者は事件後に退職したという。

逮捕容疑は1月27日午前2時10分ごろ、東京都世田谷区にあるカラオケ店のトイレで、女性に背後から抱きついて個室に連れ込み、体を触るなどした疑い。

成城署によると、永江容疑者と女性は当時、別々のグループで来店しており、面識はなかった。トイレの洗面所は男女共用で、女性が手を洗っていると、永江容疑者と出くわし、被害に遭った。(共同)