米ニューヨークの連邦地検は22日、トランプ大統領と不倫関係があったと訴えるポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんの元代理人で弁護士のマイケル・アベナッティ容疑者を、スポーツ用品大手ナイキを脅したり顧客の金銭をだまし取ったりしたとして、連邦大陪審が起訴したと発表した。

ロイター通信によると、被害者の顧客はダニエルズさん。被告は出版社に対し、著者のダニエルズさんの依頼であるかのように偽って書籍の報酬を自分の口座に振り込むよう指示し、約30万ドル(約3300万円)を着服したとされる。

アベナッティ被告はだまし取った金銭を高級スポーツカーのリース料などに充てていたという。

ナイキに対しては、スポーツ選手への同社の不正な資金提供を暴露するとして、2000万ドル以上を脅し取ろうとした。

被告は既に別の脱税などの罪でも起訴され、すべて無実だと訴えている。被告は、反トランプ派として一時は大統領選への出馬にも意欲をみせていた。(共同)