26日午後8時40分ごろ、兵庫県南あわじ市松帆西路で、近くに住む無職福本勤さん(82)が「土佐犬にかまれた」と長男(55)から119番があった。福本さんは鉄製の犬舎の中で背中に血がにじんだ状態で倒れ、現場で死亡が確認された。かまれた痕があり、中にいた成犬の土佐犬1匹を世話中に襲われたとみられる。

南あわじ署によると、福本さんは孫が飼っている3匹と、知人男性から預かった1匹の土佐犬に犬舎でえさを与えるなど世話していた。犬舎は七つのおりがあり、うち四つに1匹ずつ飼われていた。おり一つの大きさは縦約2・6メートル、横約1・3メートル、高さ約1・4メートル。福本さんは知人から預かった土佐犬がいたおりで倒れ、他の土佐犬はそれぞれのおりにいた。

自宅を午後5時ごろに出た後、帰らないことを不審に思い約200メートル離れた犬舎に様子を見に行った妻(75)が、倒れている福本さんを発見した。

南あわじ市によると、犬の飼育は狂犬病予防法で登録が義務付けられているが、この場所で土佐犬が飼われているとの届け出はなかった。(共同)