神戸市灘区の六甲高山植物園で展示されていたラン科の希少植物「アツモリソウ」が盗まれたとみられることが9日、分かった。

高さ数十センチ、薄紫色の花をつけ、「野生ランの王者」と呼ばれ、園芸での価値が高い。乱獲により個体数が減り、絶滅も懸念されている。

同園から被害届を受けた灘署は、窃盗の疑いがあるとみて調べている。

植物園によると、8日午後1時半ごろに来場者から指摘を受け発覚。3株のうち2株が根ごとなくなり、スコップなどで掘られたような穴ができていた。植物との間に柵はなく来場者は近づいて見ることができる。正午ごろには園内で植物の説明をしていたガイドが、アツモリソウがあるのを確認していた。

植物園は売る目的で盗まれた可能性が高いとみている。過去にも同様の被害があったといい、担当者は「間近で見物できることを逆手に取っていて悔しい。二度としないでほしい」と話した。(共同)