社民党の吉川元・幹事長は13日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り、安倍政権の姿勢を批判した。「『老後は自己責任で死ぬまで働け』というのが安倍政治の行き着く先だ」と述べた。

麻生太郎金融担当相による報告書の受け取り拒否表明を「審議会に失礼だ」と批判。「政権運営に都合の良くない報告書を受け取らないことが定着すれば、本来は中立公平な審議会報告が政権に忖度(そんたく)する形でまとめられることになる」と問題視した。

立憲民主党の辻元清美国対委員長は、麻生氏が報告書は政府の政策スタンスと異なると述べたことに関し党会合で「厚生労働省課長も(試算の根拠となるデータを)説明していた。政府のスタンスと違うのは麻生氏だ。お辞めになったほうがいいと思わないか」と述べた。

共産党の志位和夫委員長は日本記者クラブで会見し「いくら報告書を土の中に埋めて粉飾工事をしても、事実に変わりはない。受け取らず隠蔽(いんぺい)するのは政治姿勢として大問題だ」と語った。(共同)