原子力規制庁は18日、震源地を山形県沖とする新潟県で最大震度6強を観測した地震により、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など全国各地の原発に影響はなかったと発表した。

規制庁などによると、最大震度6強を観測した新潟県の柏崎刈羽原発、最大震度4を観測した宮城県の東北電力女川原発で地震による影響はなかった。いずれも現在停止中。最大震度4を観測した福島県では、廃炉作業中の東電福島第1原発と、廃炉方針の福島第2原発で新たな異常はなかった。

福井県にある関西電力の3原発は、現在稼働中の大飯4号機と高浜3、4号機、停止中の大飯3号機や高浜1、2号機、美浜3号機に異常はなかった。また廃止措置中の日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(同県)にも影響はなかった。

志賀原子力規制事務所によると、現在停止中の北陸電力志賀原発(石川県)にも異常はない。(共同)