歌手の吉田拓郎のコンサートチケットを転売目的で購入したとして、兵庫県警生活経済課は24日、詐欺の疑いで大阪市西淀川区、無職河合和久容疑者(47)を逮捕した。

日常的にチケット転売を繰り返し、昨年1月以降に計約2000万円を売り上げていたとみて調べる。河合容疑者は千葉県市川市で開催された拓郎のコンサートチケットの抽選販売に自分や家族、架空の人物の名義を使って申し込み、8枚に当選。一部を転売サイトに出品。こうした転売に悩んでいた拓郎の所属事務所が今年3月に県警に相談した。