使用済みインフルエンザの検査キットを滅菌せずショッピングセンターのごみ箱に捨てたとして、警視庁生活環境課は25日、廃棄物処理法違反の疑いで、東京都北区の男性医師(63)を書類送検した。

医師は容疑を認め、「ごみ処理に金をかけるのがもったいなく、滅菌作業も面倒くさくなった」などと供述している。

書類送検容疑は2月18日、江東区内のショッピングセンターのごみ箱に、特別管理産業廃棄物である検査キット計89本を不法に捨てた疑い。東京都江戸川区で診療所を開いており、帰宅途中に投棄した。本来、滅菌の上、20リットル約150円で捨てられた。医師は「昨年2月ごろから滅菌せずに診療所近くのごみ置き場に捨てていた」と話している。(共同)