公共料金が未納で提訴されているなどと電話でうそをつき、青森県八戸市の女性から現金450万円を詐取しようとしたとして、八戸署は26日までに、詐欺未遂容疑で、埼玉県鴻巣市大間、無職桜井健太容疑者(31)を現行犯逮捕した。

同署によると、女性は既に905万円をだまし取られ、銀行員が女性の多額の引き出しを不審に思って警察に通報した。署は女性の協力の下、だまされたふりをして、指定された埼玉県川口市のアパートに荷物を発送。6日に容疑者が荷物を受け取ったところを逮捕した。「中身が現金だとは知らなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は何者かと共謀して、弁護士などをかたって女性に電話し「金を払わないと、(訴訟の)取り下げが受理されない」とだまし、現金を4日に送らせて詐取しようとした疑い。(共同)