コカインを所持したとして、愛知県警は27日、麻薬取締法違反の疑いで、ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車に所属するイエーツ・スティーブン容疑者(35=名古屋市名東区)を逮捕した。同チームを巡っては、20日にも同容疑で社員の樺島亮太容疑者(28)が愛知県警に逮捕されたばかり。県警はコカインの入手経路を調べている。

県警によると、樺島容疑者の捜査の過程でイエーツ容疑者の容疑が浮上したといい、県警はコカインの入手経路を調べている。 県警によると、イエーツ容疑者はニュージーランド出身だが、2015年に日本国籍を取得している。

逮捕容疑は27日午後0時15分ごろ、自宅の寝室でポリ袋に入ったコカイン若干量を所持した疑い。県警によると、イエーツ容疑者は「所持すると法律に違反すると十分認識していた」と容疑を認めている。

トヨタ自動車は「部員が連続して逮捕されたことを心からおわびする。ラグビーW杯が目前に迫る中、関係各方面に多大なご心配とご迷惑をお掛けし、深く反省をしている」とコメント。樺島容疑者の逮捕後、チームは活動を中止している。

20日に逮捕された樺島容疑者の逮捕容疑は4月10日ごろ、豊田市内で乗ったタクシー内でコカイン約1グラム(末端価格約2万円相当)を所持した疑い。車内に落ちていた財布の中から運転免許証とコカインが見つかった。樺島容疑者は容疑を否認している。(共同)