横浜市南区の路上で9日夜、男性2人が相次いで切り付けられた事件で、神奈川県警は10日、うち男性1人への殺人未遂容疑で同市南区の無職加山佳生容疑者(46)を逮捕した。

県警によると、加山容疑者は「やったことに間違いないです」と容疑を認めているが「神様に殺せと言われた」などとも供述しており、刑事責任能力について慎重に調べる。

逮捕容疑は9日午後7時25分ごろ、自宅近くの南区大岡の路上で、国家公務員の男性(49=同市南区)の左腕などを刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。自宅から刃物1本を押収しており、凶器かどうか裏付けを進める。

直前に約70メートル離れた路上で、宅配業者の男性(45=同市金沢区)が右脇腹を切り付けられており、県警は関連を調べている。2人はいずれも命に別条はなかった。ニュースを見た人から「犯人と特徴が似た男がいる」との情報が寄せられ、加山容疑者が浮上した。(共同)