北海道旭川市の旭山動物園で10日、通常午後5時15分までの開園時間を午後9時までに延長する「夜の動物園」が始まった。

あいにくの雨だったが、普段とはひと味違う夜行性の動物の活発な姿に、多くの観光客が魅了された。16日まで。夕暮れを迎えると、オオカミは遠ぼえを始め、レッサーパンダはつり橋を元気に駆け回った。園内は屋台やあんどんが並び、お祭りムードに包まれた。妻と訪れた千葉県習志野市の会社員渡辺貴之さん(32)は「暗いところで動物たちをゆっくり観察できて面白い」と笑顔だった。