大型で強い台風10号は10日、小笠原近海をゆっくりした速さで北西へ進んだ。11日ごろにかけて、小笠原諸島に接近した後、さらに北寄りに進み、14日ごろに西日本の太平洋側へ強い勢力で接近する恐れがある。お盆休みの列島を直撃する可能性も出ている。

小笠原諸島の海上では11日から12日にかけて、雷を伴った激しい雨や非常に強い風、猛烈なしけとなる見込みで、高波や土砂災害などに警戒や注意を呼び掛けた。台風10号は10日午後3時現在、小笠原近海をゆっくりと北西へ進行。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。