11日午後1時ごろ、富山市有峰の北アルプスにある黒部川の上ノ廊下(かみのろうか)(約1550メートル)で、「水中に人が沈んでいる」と沢登りをしていた男性から県警に通報があった。

県消防防災ヘリコプターが収容し、死亡が確認された。上市署によると、登山届などから遺体は埼玉県の60代男性とみられ、単独で沢登り中に遭難した可能性があるとみて、身元の確認を進める。

同署によると、同日午前11時ごろ、通報した男性が水深約70センチの水中でうつぶせの状態の遺体を発見、付近の山小屋から連絡した。遺体は沢登り用の装備を身に着けていたという。登山届では、10日に黒部ダムから入山し、13日に長野方面に下山する予定だった。(共同)