千葉県警習志野署は11日、自動車運転処罰法違反(過失運転傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、千葉県船橋市職員の芳沢俊市郎容疑者(42)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は11日午後2時ごろ、同県習志野市の県道で、酒気帯びで乗用車を運転し、赤信号で停車していた八千代市の男性会社員(55)の乗用車に追突、同乗の女性(47)に軽傷を負わせた疑い。

署によると、芳沢容疑者は「昨日、自宅で酒を飲んだが、抜けたと思っていた」と話しているという。(共同)