夏の夜空の風物詩「ペルセウス座流星群」が見頃を迎えた。国立天文台によると、13日夜にかけ活動が活発になる。流星が最も多くなるのは13日午後4時ごろだが、空が明るいと見にくいため、12日の夜が最も見やすくなりそうだ。雲のない地域では月が沈んだ後の13日未明から明け方が特に条件が良く、1時間に約30個の流星を観測できそうだという。

国立天文台は「目が屋外の暗さに慣れるまで、最低でも15分は観測を」と呼び掛けている。

流星群は彗星(すいせい)が軌道上に残したちりの中を地球が通る際、大気に突入したちりが高温になり発光する現象。ペルセウス座近くの放射点から流星が四方八方に散って見える。

ペルセウス座流星群は冬のしぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並び、三大流星群と呼ばれる。(共同)