徳島の夏の風物詩「阿波おどり」が12日、徳島市で開幕した。踊り手が「ヤットサー」の掛け声を上げ、街中に華やかな三味線や太鼓の音が響いた。15日までの4日間、「踊るあほう」と「見るあほう」の熱気で沸き返る。

市内には4カ所の演舞場が設けられ、市役所前では午後6時ごろから「連」と呼ばれる踊りグループが次々に登場。腰を低く落とし力強く跳躍する男踊りと、浴衣姿の女性が両手を高く上げ華麗に舞う女踊りを披露した。

阿波おどり実行委員会によると、開催中は連日300以上の連が参加。100万人以上の人出を見込んでいる。(共同)