超大型の台風10号は13日、日本の南の海上を北寄りに進んでおり、14日から15日にかけて、暴風域を伴う強い勢力で西日本に接近・上陸する恐れがある。西日本と東日本の太平洋側では13日から雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水などに注意を呼び掛けている。

気象庁によると、東日本と西日本の太平洋側では台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。14日正午までの24時間予想雨量は多い地域で東海300ミリ、近畿、四国、九州南部200ミリ、九州北部150ミリ、奄美、沖縄100ミリ。

14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州南部30メートル(45メートル)、四国、九州北部、奄美25メートル(35メートル)、沖縄23メートル(35メートル)など。

気象庁によると、台風10号は13日午前9時現在、種子島の南東約550キロの海上を時速約20キロで北西に進んでおり、中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

一方、台風9号は13日未明、中国北部で熱帯低気圧に変わった。(共同)