札幌市は14日、同市南区の住宅地への出没が相次いでいた雌のヒグマ1頭を射殺し、駆除したと発表した。南区の簾舞地区や藤野地区では、クマが今月上旬から連日うろついて家庭菜園を荒らすなどの被害が出ていた。市は付近での墓参りの自粛を呼び掛けていたが、解除した。

市によると、14日午前6時5分ごろ、藤野地区の山中で、地元の猟友会がクマを駆除。専門家が区内の住宅地を動き回っていた個体と確認した。

家族で藤野地区の墓地に墓参りに来た東区の会社員北出直人さん(44)は「子どもたちも怖いと言っていたので、駆除されて良かった。毎年ここにお墓参りに来ているので、連日の報道を見てびっくりしていた」とほっとした表情を見せた。

12日朝に自宅前でクマを目撃した無職鈴森仁さん(70)は「(クマが)かわいそうという気持ちもある。こうなる前に山に帰ってほしかった。行政はクマと共生するいい方法を打ち出してほしい」と訴えた。

市は10日にトウモロコシやナシで誘う箱わなを設置したが効果なし。出没は夜間だけだったが、12日から日中もうろつくようになった。

近くの小学校では20日に夏休みが終わり授業が始まる。市はお盆を迎え、墓参りの自粛やお供えを持ち帰るよう呼び掛けるとともに、猟友会に出動を依頼していた。(共同)