大型の台風10号は14日、四国・九州沖を北寄りに進んだ。15日にかけて四国から九州にさらに接近し、上陸して西日本を縦断する見通し。西日本から東日本の太平洋側の南東斜面を中心に総雨量が1000ミリを超える地域がありそうだ。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関の乱れの影響が大きくなる恐れがある。JR西日本は山陽新幹線新大阪-小倉間の運転を15日の終日見合わせると発表。JR四国も一部区間で順次運転を見合わせる。日航と全日空は14日に九州各地の空港を発着する計約100便の欠航を既に決めている。

気象庁によると、東日本と西日本の太平洋側に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。16日にかけて西日本から東日本の太平洋側を中心に雷雨になる恐れがある。竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

15日正午までの24時間予想雨量は四国900ミリ、東海600ミリ、近畿、九州500ミリ、奄美150ミリ、関東甲信120ミリ。その後の24時間は東海600~800ミリ、近畿、四国400~600ミリ、関東甲信、北陸、中国、九州北部200~300ミリ、九州南部100~150ミリ。

15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国30メートル(45メートル)、九州27メートル(40メートル)、近畿、中国25メートル(35メートル)、奄美23メートル(35メートル)、北陸、東海22メートル(35メートル)。波の高さは四国10メートル、東海、近畿、九州9メートル、伊豆諸島、奄美、沖縄6メートル、関東、小笠原諸島、中国5メートル。大潮の時期に当たり、15日は九州北部で高潮の恐れもある。佐賀県は最高潮位が1・9メートルになる所がありそうだ。

台風10号は14日午前11時現在、鹿児島・種子島の南東約270キロを時速約15キロで北北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径240キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心から半径600キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

台風10号は14日午前3時の観測で「超大型」から「大型」に変わった。(共同)