初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやりとりを記録した資料が19日、公開された。昭和天皇は1952年5月に開かれた日本の独立回復を祝う式典で、戦争への後悔と反省の気持ちを表明しようとしたにもかかわらず、当時の吉田茂首相から反対され、「お言葉」の一節が削除されていたことなど、これまで研究書で指摘されていた内容の詳細が明らかになった。

田島氏は48年、宮内庁の前身である宮内府長官に就任、49年から53年まで宮内庁長官を務めた。在任中、昭和天皇との会話の内容や様子を手帳やノート計18冊に書き留めていた。田島氏の遺族から資料提供を受けたNHKが公表した。

「私ハどうしても反省といふ字をどうしても入れねばと思ふ」(52年1月11日)「軍も政府も国民もすべて下克上とか軍部の専横を見逃すとか皆反省すればわるいことがあるからそれらを皆反省して繰返したくないものだといふ意味も今度のいふ事の内ニうまく書いて欲しい」(52年2月20日)

一方、田島氏から意見を求められた吉田首相は「戦争を御始めになつた責任があるといはれる危険がある」「最早戦争とか敗戦とかいふ事はいつて頂きたくない気がする」として、昭和天皇が国民の前で反省の気持ちを表明することに反対。吉田氏の意向は田島氏を通じ昭和天皇に伝えられた。

結局、国民の前で読み上げられたお言葉から、戦争への後悔と反省を表した文言は削除された。

「軍部の勢は誰でも止め得られなかつた」「東条内閣の時ハ既ニ病が進んで最早どうすることも出来ぬといふ事になつてた」など、敗戦までの道のりを振り返り、後悔する様子も記されていた。(引用部は原文のまま)(共同)