韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は24日朝、東部咸鏡南道から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回発射した。日本政府は、弾道ミサイルを発射したもようだと発表した。日本の領域や排他的経済水域(EEZ)には落下しなかったという。

北朝鮮は8月5~20日に行われた米韓合同軍事演習などに反発し、7月25日以降、短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返しており、今回で7回目。同演習終了後の発射は初めて。

韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を決め、軍事面での日韓の亀裂が鮮明になる中、北朝鮮は引き続きミサイル開発を続ける姿勢を見せている。

日韓両政府はそれぞれ米国と連携して情報を収集し、ミサイルの種類などについて分析を急ぐ。(共同)