24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の無職大里功さん(76)方の寝室で、大里さんと妻(73)が血を流して倒れているのを次男(42)が発見、消防を通じて警察に通報した。大里さんは胸などを刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻も腹などを刺され、重傷。

現場から事件に使われたとみられる刃物が見つかり、県警は2人が就寝中に襲われたとみて、殺人事件として捜査している。

県警によると、次男は敷地内の別棟に住んでおり、犬の鳴き声を不審に思って母屋に向い、倒れている2人を見つけた。

現場は畑が点在する地域。近所の農業男性(68)によると、大里さんは農協の役員を務めており、近隣農家への連絡役を担当。夫婦で農作業する姿をよく見かけたといい、「トラブルに巻き込まれるような人ではない。数日前に会った際も元気そうだった」と話した。(共同)