韓国海軍は25日、島根県の竹島(韓国名・独島)の防衛を想定して毎年行っている合同訓練を同日始めたと明らかにした。26日まで実施する。日本政府は、外交ルートを通じ韓国に「竹島は日本固有の領土だ。訓練は到底受け入れられない。極めて遺憾で、中止を強く求める」と抗議した。

韓国は昨年6月と12月に訓練を実施し、今年も当初6月に行う予定だったが、日韓関係への影響を考慮して見送ってきた。日韓間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄と合わせ、日本による一連の輸出規制強化への対抗措置の一環とみられる。

訓練には、海軍や海洋警察の艦艇のほか、空海軍の航空機、海兵隊などを投入。聯合ニュースによると、軍関係者は「規模は例年より大きくなった」と説明した。

海軍はこれまで「独島防衛訓練」としてきた名称を今回から「東海領土守護訓練」と切り替えた。韓国は朝鮮半島東側の日本海について「東海」との呼称を使っている。

聯合は「特定地域でなく、(韓国領で竹島近くにある)鬱陵島を含めた東海にある全ての領土を守るという意味が込められている」との海軍関係者の話を伝えた。日本への必要以上の刺激を避けたい思惑もあるもようだ。(共同)