出会い系アプリで知り合った女性に睡眠導入剤を飲ませて意識をもうろうとさせ、現金を盗んだとして、警視庁新宿署は3日までに、昏睡(こんすい)強盗などの疑いで住所不詳、明大商学部4年松月浩樹容疑者(23)を逮捕した。「消費者金融に30万円の借金があり、返したかった」と供述しているという。

逮捕容疑は昨年11月15日午前2時半から午前7時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の漫画喫茶で、睡眠導入剤を混ぜた清涼飲料水を飲食店アルバイトの女性(20)に飲ませた上、コンビニに連れて行き、現金自動預払機(ATM)で現金35万円を引き出させて盗んだ疑い。

新宿署によると、松月容疑者は女性がトイレに行った隙に睡眠導入剤を混入させた。今年3月にも、20代女性が同様の手口で現金を盗まれる被害があり、同署が関連を調べている。(共同)