埼玉県警は9日、同県三郷市の警備会社で4日に現金3億6000万円が盗まれる事件があり、窃盗の疑いで元社員で住居不詳、無職伊東拓輝容疑者(28)を全国に指名手配したと発表した。

県警によると、伊東容疑者は4日の出勤を最後に2日続けて会社に無断で欠勤し、連絡が取れなくなった。警備会社の関係者が社内に設置したカメラの映像を確認したところ、金庫室から現金を複数の段ボール箱に詰めて持ち出す姿が写っていたため、吉川署に通報し、懲戒解雇とした。

指名手配容疑は4日午前、三郷市の警備会社「アサヒセキュリティ新三郷オフィス」から、3億6000万円を盗んだ疑い。

同社は企業の売上金を回収し集計するサービスを展開しており、伊東容疑者は2016年4月に入社。勤務上のトラブルはなく、今年8月11日には集計担当部署のマネジャーに昇格していた。

9月5日、無料通信アプリLINE(ライン)で会社を休むと同僚にメッセージを送ったまま音信不通になり、通報を受けた県警の捜査員が6日に三郷市内の容疑者の自宅を訪ねたが、姿はなかった。

普段は電車か自転車で通勤し、車を所有しているかどうかは不明で、県警は現金を運搬した手段などを調べている。

情報提供先は吉川署、電話048(958)0110。(共同)