安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の内閣改造・党役員人事で、小泉進次郎元復興政務官を初入閣させる方向で調整に入った。

高市早苗衆院議院運営委員長を総務相に、加藤勝信党総務会長を厚生労働相にそれぞれ再登板させる方針も固めた。西村康稔官房副長官は経済再生担当相で、全世代型社会保障改革も担当する。初入閣となる河井克行・党総裁外交特別補佐を法相に、菅原一秀元財務副大臣を経済産業相に起用する。関係者が10日、明らかにした。

首相は人事の最終調整を続けた。江藤拓首相補佐官は農相に、衛藤晟一首相補佐官は1億総活躍・少子化担当相に就く。竹本直一、田中和徳両元財務副大臣と北村誠吾、武田良太両元防衛副大臣は初入閣する。調整していた河野太郎外相の防衛相、橋本聖子前党参院議員会長の五輪相への起用も内定した。

首相は「安定と挑戦」を人事方針として示している。骨格となる麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官の留任と二階俊博幹事長の再任を既に固めている。一方、人気のある小泉氏を閣内に入れ、新味を出す狙いとみられる。

小泉氏は先月、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚。年明けの第1子誕生後に育休取得を検討していると表明し、入閣は困難との見方が政界にはあった。

自民党では憲法改正推進本部長らの人事が残る焦点となっている。(共同)