台風15号の通過から一夜明けた10日、記録的な暴風の被害を受けた千葉県では、午後も54万戸以上で停電が続いた。

断水も約8万4000戸に上り、自衛隊が給水活動を実施するなど市民生活に大きな影響が出ている。

千葉県の消防課によると、停電している南房総市で10日午後、93歳の女性が自宅の布団の上で意識不明の状態で発見され、家族の通報を受けて病院に搬送したが、死亡が確認された。女性はあおむけに寝た状態。熱中症の疑いがあるとみている。

県の健康福祉部は、印西市の西佐倉印西病院で9日朝、入院していた男性患者(62)が死亡したと発表した。台風の影響で、病院が同日午前3時ごろから断続的に停電する中、男性は3時半ごろから呼吸の状態が悪化し、4時からたんの吸引治療を受けていた。午前5時45分から全面的に停電となり、男性は同6時半に心肺停止となり、同9時に死亡が確認されたという。

西佐倉印西病院は、約300床程度と県内で中規模の病院だが、自家発電装置がなかった。ただ自家発電装置の設定は義務ではなく、停電と死との因果関係は不明で、調査中だという。