日本マクドナルドは10日、消費税増税に伴う軽減税率制度の導入後も、店内飲食と持ち帰りの価格を同じにすると発表した。ハンバーガーなど約3割の商品は税込み価格を10円引き上げ、残る7割は据え置く。外食大手の対応がほぼ出そろったが、店内飲食と持ち帰りが同一料金と別料金の店があり、価格表示も税込みと税別が混在する。利用者は混乱しそうだ。

10月1日以降、持ち帰りには軽減税率8%、店内飲食は標準税率10%が適用されるが、マクドナルドは本体価格を調整することで、税込み価格を統一する。価格表示も税込みを継続する方針で、「お客さまの分かりやすさと利便性を重視した」としている。

現在の税込み価格から値上げになるのは、ハンバーガーやチーズバーガー、てりやきマックバーガーなど。ハンバーガーは100円から110円になる。ビッグマックやプレミアムローストコーヒーなどは店内飲食の本体価格を引き下げ、税込み価格を据え置く。

同じハンバーガーチェーンでも、モスバーガーとロッテリアは店内飲食と持ち帰りで税込み価格が別になる。2社は価格表示も税抜きに変更して対応する。

外食大手では、すき家や松屋、ケンタッキーフライドチキンが店内飲食と持ち帰りの価格を統一する。一方、吉野家やスターバックスコーヒー、ドトールコーヒーショップは店内飲食と持ち帰りで税込み価格が異なり、対応に差が出ている。(共同)