歯科医院から金、銀などの金属を含む使用済みの歯の詰め物を盗んだとして、京都府警宮津署は10日、窃盗の疑いで同府福知山市樽水のアルバイト足立正一容疑者(65)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月13日午後6時ごろから同月27日午後7時ごろの間に京都府宮津市の歯科医院に侵入し、保管されていた「撤去冠」と呼ばれる詰め物約600グラム(時価60万円相当)を盗んだ疑い。以前、医療品販売会社の社員としてこの医院に出入りしていた足立容疑者は「埼玉県の貴金属処分会社に売った」と供述し、容疑を認めている。(共同)