愛知県の東名高速道路上り線で8日、車で走行していた男性が後続車からあおり行為を繰り返された上、乗っていた人物からエアガンのようなものを発射されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

男性や同乗者にけがはなかったが、車体の一部がへこんでおり、男性は県警に被害届を提出。県警が器物損壊と道交法違反の疑いで捜査している。

捜査関係者によると、8日午前7時ごろ、東郷パーキングエリア(同県日進市)と東名三好インターチェンジ(同県みよし市)間の追い越し車線で、男性の車の後ろを走っていた黒いワゴン車が、何度も急接近したりクラクションを鳴らしたりした。その後、ワゴン車の運転席側の窓からエアガンのようなものが発射されたという。男性は「あおり運転をされてエアガンを撃たれた」とすぐに110番した。

男性の同乗者がスマートフォンで動画を撮影。動画には、マスクのようなもので顔を覆った2人の人物がワゴン車の前の座席に乗っており、運転席側の人物がエアガンのようなものを窓から出す様子が写っていた。「バチバチ」と弾が車体に当たるような音も記録されていた。(共同)