インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)は12日、創業者の前澤友作氏(43)が同日付で社長を退き、後任に取締役の沢田宏太郎氏(48)が昇格したと発表した。ヤフーからの買収提案を受け入れ、同社の傘下に入ることが決まったのを機にトップを刷新する。

沢田氏はNTTデータから、複数のコンサルティング会社での勤務を経て、2008年に衣料品メーカーのネット通販業務に特化したコンサルティング会社を設立。13年に会社が当時のスタートトゥデイ(現ゾゾ)に吸収合併され、同社の経営に携わってきた。(共同)