18日午前0時40分ごろ、さいたま市見沼区大谷、集合住宅敷地内で住人の小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった。

埼玉県警によると、母親(42)から17日午後8時20分ごろ「息子が英会話塾に出かけたまま帰らない」と110番があり捜索していた。

捜査関係者によると、進藤君の首には絞められたような痕があり、階段付近にあるメーターボックスのようなスペース内に入れられていた。埼玉県警は遺体や発見時の状況などから、殺害された可能性があるとみており、遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、詳しい足取りなどを捜査している。

県警によると、発見時、進藤君の遺体は死後数時間が経過しており、Tシャツ、半ズボン姿で靴を履いていなかった。目立った外傷や着衣の乱れはなかった。実際は英会話塾には来ていなかったといい、県警は同居の両親から詳しい経緯を聴いている。

現場は教職員住宅で、JR大宮駅の東約4キロの住宅街にある。母親は教員で、仕事から帰宅した際、自宅にいた父親(32)から進藤君が英会話塾に行ったと伝えられた。その後、進藤君は普段帰宅する時間を過ぎても戻らなかったため、通報したという。(共同)