京都アニメーション放火殺人事件で、重いやけどで大阪府内の病院に入院中の青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、会話の訓練ができる程度まで回復したことが18日、捜査関係者への取材で分かった。退院は数カ月後になるとみられ、京都府警は回復後の取り調べの進め方を慎重に検討している。

事件は18日で発生から2カ月がたった。逮捕は勾留に耐えられるとの医師の判断が前提のため、見通しは立っていない。

捜査関係者によると、当初生存が危ぶまれていた青葉容疑者は、予定されていた皮膚移植手術を終え、容体が安定してきた。依然として集中治療室(ICU)にいて人工呼吸器を付けているが、リハビリのための会話トレーニングの予定が入っているという。(共同)