神奈川県警は18日までに、男子高校生に金銭を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、新潟県柏崎市桜木町、長岡市立宮本小の校長宮嶋浩市容疑者(58)ら計2人を逮捕した。

2人の逮捕容疑は3月23日、大阪市此花区のホテル室内で、大阪府枚方市の高校3年の男子生徒(17)に金銭を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑い。

県警によると、他に逮捕されたのは川崎市川崎区鋼管通、会社員小橋勝洋容疑者(37)。2人は送金・決済サービス「LINE Pay」で計5万円を男子生徒に支払ったといい、容疑を認めている。宮嶋容疑者は「性的欲望を抑えられなかった。ばれなければ大丈夫と安易に考えた」と供述している。

両容疑者はそれぞれ昨年、動画配信サイトで男子生徒と知り合った。同年9月ごろから3人で会員制交流サイト(SNS)を使ってやりとりを始めた。

県警は今年7月、東京都内の男子中学生にわいせつな画像を送らせた疑いで、宮嶋容疑者の自宅を捜索。押収したスマートフォンのSNSの記録から、今回の事件が発覚した。(共同)