台風15号によって広域停電や住宅損壊など甚大な被害が出ている千葉県への対応を巡り、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員は18日、内閣府と防衛省に要望書を提出した。被災者に非常用電源が十分に行き渡るよう、支援体制を整えるべきだとした。

同じくれいわ新選組の木村英子参院議員、山本太郎代表との連名。「災害時の電源確保は、人工呼吸器を利用している立場の人間にとっては切実な問題」と訴えた。

要望書では他にも、被災した建物の補修作業中に住民らが転落する「二次災害」が起きていることに言及。家屋をブルーシートで覆うなど危険が伴うものについては、高齢者や要援護者の住宅を中心に、自衛隊のさらなる協力を要望した。公的補助の対象にならない「一部損壊」の建物についても、財政支援の検討を求めた。

舩後議員は千葉県松戸市在住。筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、自身も人工呼吸器を使っている。(共同)