東京・池袋のホテルの一室で女性遺体が見つかった事件で、警視庁池袋署捜査本部は18日、殺人の疑いで埼玉県入間市の私立大4年北島瑞樹容疑者(22)を逮捕した。捜査本部によると、容疑を認め「手で首を絞めた」と供述している。

逮捕容疑は12日午後6~8時ごろ、東京都豊島区池袋1丁目にあるホテルで、東京都江東区の荒木ひろみさん(36)の首を圧迫して殺害した疑い。ホテルや周辺の防犯カメラには、現場から池袋駅方面に立ち去る白いマスクを着けた男の姿が写っていた。捜査本部がカメラ画像の解析を進め、北島容疑者が浮上し、18日に任意で事情聴取。容疑者宅の家宅捜索で荒木さんの所持品が見つかった。

容疑者のものとみられるツイッターなどによると、通学していた私立大演劇部に所属した経歴もあり、公演に出演したほか、演出や脚本を担当したこともあったとしている。

また、関係していたとみられる劇団のツイッターによると、今年3月に行われた同劇団の公演に客演。同容疑者とみられる紹介文には、「けいこ場によくお菓子を持ってきてくれる」「硬くて強い執念の持ち主」などとつづられている。