大型で強い台風17号は21日、東シナ海で北上を続けた。22日午後には暴風域を伴って九州に接近後、対馬海峡付近を通過して日本海へ進む見通し。気象庁は西日本を中心に大雨になる恐れがあり、暴風や土砂災害、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。

21日は宮崎県日向市ではサーフィン中に流された男性が死亡し、別の男性が行方不明になった。沖縄県でも強風であおられて転倒するなどして19人が負傷し、最大で4万戸が停電した。沖縄都市モノレール(ゆいレール)は21日の始発から午後7時半ごろまで運転を見合わせた。

航空各社も国内線や国際線で欠航が相次ぎ、22日も一部の便が欠航する。JR九州は21日、台風接近に伴って22日に指宿枕崎線、日豊線、日南線などで運転を見合わせたり本数を減らしたりすると発表した。

気象庁によると、23日にかけて九州北部で猛烈な風が吹くなど、西日本の広範囲で強風や大しけになる。台風の北上後も暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が非常に不安定な状態が続く見通し。24日にかけては勢力を維持したまま北東に進路を変えて北日本に近づくとみられ、北陸も含めて暴風などの恐れがある。農作物の管理などへの備えも必要になる。

また台風15号で被災した千葉県や伊豆諸島も23日にかけて風が強まり、断続的に雨の見込み。気象庁は屋外の復旧作業に注意を求めている。

22日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州北部30メートル(45メートル)、九州南部と中国25メートル(35メートル)、沖縄と奄美、四国23メートル(35メートル)、近畿20メートル(30メートル)。波の高さは九州北部9メートル、九州南部と沖縄、奄美8メートル、四国6メートル、近畿5メートル、中国4メートル。

23日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部400ミリ、四国350ミリ、九州北部300ミリ、近畿180ミリ、中国150ミリ、奄美100ミリの見込み。

台風17号は22日午前0時現在、東シナ海を時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカルで最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心の南東側200キロ以内と北西側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。(共同)