新潟県警三条署は21日、同県三条市笹巻に住む70代の男性農業者の自宅敷地にある倉庫から、出荷前のコシヒカリの玄米計約390キロ(時価10万4千円相当)が盗まれたと明らかにした。全て新米といい、署は窃盗容疑で捜査している。

署によると、21日午前5時15分ごろ、男性が倉庫に行くと、精米後に出荷しようとして保管中だった1袋約30キロ入りのコシヒカリ13袋がなくなっており、同日午後1時ごろに署に届けた。倉庫は施錠していなかった。

男性は前日の20日午後5時半ごろにコシヒカリが倉庫にあるのを確認しており、それ以後の犯行とみられる。(共同)