警視庁新宿署は22日、東京・新宿のスナックで飲酒し暴れた50代くらいの男性を押さえ込みけがをさせたとして、傷害の疑いで、自営業香川真志容疑者(45=東京都中野区)を現行犯逮捕した。男性は搬送先の病院で死亡、窒息死とみられる。同署は傷害致死容疑に切り替えて調べる。

逮捕容疑は21日午後11時25分ごろ、新宿区歌舞伎町2丁目のスナックで、酒に酔って暴れていた男性の首付近に腕を回して押さえ込み、けがを負わせた疑い。「身を守ろうとしただけで、けがをさせるつもりはなかった」と否認している。

新宿署によると、香川容疑者と男性は客として別々に来店し、面識はなかった。カウンター席で隣同士になり飲酒していたが口論になった。男性が髪や服をつかんだため、香川容疑者が押さえ込んだという。(共同)