23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の住宅から、女性の声で「助けて」と110番があった。境署員らが駆け付けると、2階の寝室で住人の夫婦が心肺停止状態で見つかり、現場で死亡が確認された。遺体に切り傷があり、境署は殺人事件として捜査を始めた。

県警によると、夫婦は会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)。5人暮らしで、同じ部屋にいた中学1年の長男(13)は両足と腕に刺し傷があり、小学6年の次女(11)も両手の痛みを訴えて病院に運ばれたが、いずれも命に別条はない。1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。

小林さん夫婦は首や顔などに鋭利な刃物で切られたような痕があった。住宅には無施錠の場所が複数あったといい、美和さんが110番したとみられる。

現場は千葉県との県境に近い畑や住宅が点在する地域。(共同)