ロシアの世界最大のダイヤモンド採掘企業「アルロサ」は4日、極東サハ共和国で、ダイヤの中にある空洞にさらに別の小さなダイヤが入った原石が世界で初めて見つかったと発表した。

全体で0・62カラットで、内部の空洞に0・02カラットの別の粒がある。同社の専門家は、まず内部の原石が生じ、その後に外側が形成されたと分析しているが「どのように空洞が生まれたのかが最も興味深い」としている。

原石をどのように扱うかは未定。希少な宝石は通常、財務省傘下の機関で保管されるという。

ロシアメディアによると、アルロサのダイヤ採掘量は世界全体の25%以上を占める。(共同)