神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚の教員4人をいじめていた問題で、仁王美貴校長が9日、記者会見し「(加害者が)『反抗しまくって学級つぶしたれ』と子どもに言っていた」と被害者が訴えていることを明らかにした。加害者側は発言を否定している。「自分が面白ければ良かった」と釈明した加害者もいた。

また、加害者の1人から「あなたのことが嫌い」と言われた児童や、座っていた椅子を後ろに引かれて頭を打った児童がおり、それぞれ保護者から訴えがあったことも判明した。

仁王校長は「心からおわびする。ハラスメントへの認識が甘かった」と謝罪。「子どもたちの心の傷は計り知れない」とも述べ、加害者4人を今後は同小で指導させないと明言した。

市教育委員会によると、昨年以降、20代男性教諭がいじめを受けた。「ボケ」「カス」といった暴言や、コピー用紙の芯で尻をたたく暴力があった。別の女性教員に性的メッセージを送るよう強要されたことがあり「激辛カレーを食べさせられた」との訴えもあった。他に20代の教員3人が暴言やセクハラを受けた。

今年6月に見かねた別の教員が学校に報告し、仁王校長も男性教諭が尻をたたかれてみみず腫れができたことを把握。だが、市教委にはいじめの詳細を伝えなかった。7月に校長が加害者側を指導した後も「加害者から『なんで自分が指導されなあかんねん』と言われた」と被害者が訴えたという。

市教委は9月に男性教諭の家族の訴えでいじめを確認したとしている。(共同)