日立製作所の米子会社は9日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーと提携したと発表した。米国内にあるテーマパークで集めたビッグデータを分析し、アトラクションやショーの運営の効率化を支援。来場者の満足度を高める狙いだ。

米西部ラスベガスで開いた発表会で、日立の東原敏昭社長は「ディズニーと長期的な関係をつくることを楽しみにしている」と強調。これを弾みに、巨大市場の米国で事業拡大を目指す。

日立子会社の「日立ヴァンタラ」が、カリフォルニア州のディズニーランド・リゾートと、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの運営を支援する。既にディズニーランドのアトラクション「トイ・ストーリー・マニア」などで支援を始めた。

日立はアトラクションなどに取り付けたセンサーで集めたビッグデータを人工知能(AI)で分析。運営状況をリアルタイムで把握できるようにしてディズニーの業務改善につなげる。

具体的には、アトラクションの部品交換時期を最適化してメンテナンス時間を短くするといった使い方ができる。東原社長は「来場者にとっては、アトラクションに乗れない時間があるとつらい。ディズニーと一緒に人々を幸せにしたい」と意気込んだ。(共同)