島根県警出雲署は14日、出雲全日本大学選抜駅伝の後に行われた記録会の会場で大学生のかばんから現金計32万9000円を盗んだとして、窃盗の疑いで出雲市の無職川井雄太容疑者(32)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は14日午後5時10分ごろ、出雲市大社町北荒木にある島根県立浜山公園陸上競技場の記録会参加者控室で、東京都内の私立大陸上部に所属する学生マネジャー2人のかばんから、部費や財布の中身を抜き取った疑い。

署によると、川井容疑者は記録会の最中に、鍵が掛かっておらず誰でも入れるようになっていた控室に侵入。かばんに財布を戻そうとしていた時に、戻ってきた陸上部監督に取り押さえられた。

記録会には出雲駅伝出場チームの補欠選手が主に出場していた。(共同)